ゼロキューホームのテクノロジー:住まいの「安心」と「快適」を先端技術でお届けします。

家は消耗品ではなく「資産」であるとの思いから基礎から土台・柱・梁、外壁や屋根まで家全体が永く良好な状態で保たれるための工夫と維持・メンテナンスのしやすさも考慮した家づくりを行っています。

facebook instagram ブログ
耐震性能:地震に耐える

01:EWストラクチャー構法

EW構造体にプラス全面構造面材で鎧を覆う構造

剛構造で地震や台風などによる外圧から建物をしっかり守ります。
透湿性にも優れ、木造住宅を劣化させる原因でもある湿気を上手に屋外に排出でき、家を長持ちさせるポイントに。

※EW・・・エンジニアウッドの略。構造計算に必要な力学性能値が工学的な手法によって実測あるいは測定され、その値が明示されている

地震、台風、火災から大切なご家族と住まいを守ります

EWストラクチャー構法は壁面全体で地震力・風圧力を受け止め、
バランスよく分散し軸組みの接合部への力の集中を緩和します。

02:構造用耐力面材

結露・腐食に強い。優れた防火性能も備えた耐力面材

耐力面材は一般的に使用されている構造用合板に比べ
湿気が通気しやすい優れた透湿性をもっています。
湿気の通しやすさを測る目安の「透湿抵抗値」によれば
耐力面材は一般的な構造用合板の約3~4倍の透湿性を持っていることがわかります。
この特性によって壁内部の湿気をすみやかに放出して結露を防ぎます。
また、無機質原料なので腐ることも無く、シロアリが食料とする成分を
含んでいないので防蟻性にも優れており、年数を経ても耐力が下がることはありません。

腐食に強く:結露や腐食を抑えて、住まいの耐震性を維持します。

  • 優れた透湿性で 結露を抑えます。
  • 腐食にも強さを 発揮します。
  • シロアリの食害にも 強さを発揮します。
詳しくはこちら

火に強く:優れた防火性能で、火災から住まいを守ります。

耐力面材の燃えにくさを実証。
詳しくはこちら

03:ベタ基礎

建物荷重を面で受ける。荷重を分散できるベタ基礎を採用。

基礎は建物を支える根幹の部分です。
一般的な基礎は、1階の壁下だけに基礎を配置する工法ですが、
ウッディランドでは建物下全ての部分を基礎にする「ベタ基礎」を採用。

「ベタ基礎」により地面と基礎の接地面積を広め、
建物の荷重を分散することで構造に強度を与えます。
ベースの厚みを150mmと通常より厚くすることで基礎自体の強度を上げています。

  • 地面に接する面積の広い「ベタ基礎」の優位性
  • 家の基幹だからこそ、細部まで丁寧な施工
  • 地盤調査により建築後の安心・安全を確保します。
詳しくはこちら

04:剛床工法

水平剛性の高強度化による剛床工法

「剛床工法」とは、24mmの構造用合板を直接梁に留めることで柱・梁と床面を一体化させる工法です。建物の水平剛性を高め、地震や台風時に受ける床面の横揺れ、
ねじれを抑える効果があります。

剛床工法を支える役目を果たす梁

剛床工法を支える役目を果たす梁。
梁は1階壁の上、2階壁上へ配置し、さらに部屋の大きさに関係なく 910mm間隔
(尺モジュール)で梁をいきわたらせます。
剛床工法により水平剛性が高められるのは、このようにつくり上げた骨組みの上に
構造用合板を直接、留めることにより実現します。

地震による横揺れ・ねじれに強い「剛床工法」

「剛床工法」と「一般工法」を比較
詳しくはこちら

05:高強度「構造用集成材」

強度性能が明確な構造用集成材を使用

一般の無垢材に比べ構造用集成材を使用している理由は「強度性能」にはバラつきがほとんどなくバランスの良い、強い構造をつくるためには、 構造材1本1本の強度・品質が均質で、明確であることがとても重要です。

集成材は経年変化による反りや狂い、割れがほとんど発生しません

木材の内側に含まれる水分の割合を表す含水率。
この含水率が材木の中で均一でなくばらついていると木が反ったり割れたりする原因となります。
集成材は、ラミナの段階で1枚1枚を乾燥させるので含水率がどの部分でも均一になります。
含水率が低く一定な集成材はそうした欠点を克服した素材です。

  • 地面に接する面積の広い「ベタ基礎」の優位性
  • 家の基幹だからこそ、細部まで丁寧な施工
詳しくはこちら

06:プレカットによる品質の均一化

加工精度がアップし、高品質な家づくりが可能になります。

木材の内側に含まれる水分の割合を表す含水率。
この含水率が材木の中で均一でなくばらついていると木が反ったり割れたりする原因となります。
集成材は、ラミナの段階で1枚1枚を乾燥させるので含水率がどの部分でも均一になります。
含水率が低く一定な集成材はそうした欠点を克服した素材です。

07:耐震金物

信頼の金具が接合部、柱と土台をしっかり固定し耐久性、耐震性の向上を実現

従来の木造在来工法では弱点とされた柱と土台、梁と梁、梁と柱などの接合部分を、構造金物を使用することによって耐力を高めます。
阪神・淡路大震災で倒壊した住宅の多くが接合部の強度不足だった教訓をいかし、適材適所に耐震金具を配し、安心して長く住み続けられる強い家づくりを実現しています。

08:耐震ダンパー

繰り返される地震に粘り強く耐える

木製筋かいに金属の粘り強さをプラスした木造筋かい金物。
ひとクラス上の耐久性を実現。

動画解説を見る
制震性能:揺れを吸収する

09:制震工法

4種の制震システムより最適なものをご提案させて頂きます。

  • 地高層ビルで主流の制震ダンバーの住宅版 耐震 + 制震で地震の衝撃を大幅に緩和。
  • 住まいに制震の安心 「スケーリングフレーム」
  • 軽量・コンパクト制震システム
  •  世界初。「金属流動」を利用した制震ダンパー
詳しくはこちら
省エネ性能:夏涼しい、冬暖かい

01:断熱性能

夏涼しく、冬温かい

断熱性、そして気密性が高く、一度冷やした空気、暖めた空気を逃がしません。

静かな室内環境

高い気密性能により外部の騒音や内側からの生活音の漏れを防止するとともに、
細かな気泡構造が音をスポンジ状のフォーム内に拡散します。
外からの騒音の侵入や、生活音の漏れを気にすることなく、家族みんなが快適に生活できます。

詳しくはこちら

02:サッシ性能

世界トップクラスの断熱性能・先進の機能・デザイン「トリプルガラス樹脂窓」

断熱性、そして気密性が高く、一度冷やした空気、暖めた空気を逃がしません。

詳しくはこちら

03:換気

熱交換型換気システム

排気の際に汚れた空気と一緒に排出していた”熱”を給気時に回収して室内に戻します。
熱回収により空調負荷を軽減でき、冷暖房コストを抑えます。
夏は温かい空気を冷やし、冬は冷たい外気を室温に近づけて給気するので、年中快適な気温で過ごせます。

詳しくはこちら
耐久性能:永く快適に暮らすために

耐久01:通気W工法

空気の流れを確保し、快適な室内を保ちます。

内部を外壁側から透湿・防水・遮熱シート、耐力面材、断熱材、通気層という
透湿性の強い素材を配置する事で、壁体内の湿気・熱気を外部に効率良く排出しています。
通気層では土台の水切り部分から軒裏を通り屋根の頂点にある棟換気口まで
流れている気流によって、湿気や熱気が排出されます。

また、ウッディランドでは空気の流れがさらに良くなるステンレスビスで
通気金物を留めるので、引き抜きに対して強い通気金物工法を採用しております。

耐久02:陶器瓦

デザイン性、耐久性に秀でた陶器瓦

デザイン性が高く、耐久性が強い陶器瓦。
陶器で作られているので強い衝撃を与えない限り、陶器瓦の寿命は半永久的です。
瓦表面にガラス質の釉薬が塗られているため、水が浸透せず、
長い年月美しい状態を保つことができます。

詳しくはこちら

耐久03:シロアリ対策

大切な住まいをシロアリから守ります。人と環境にやさしい処理剤で住まいを長持ちさせます。

シロアリの被害を防ぐには、緻密な防蟻・防湿対策が求められます。
ウッディランドでは床下全面をコンクリートで覆い
シロアリの侵入を防ぐとともに適切な防蟻処理を行うことで、
起訴したからのシロアリ侵入を徹底的に防ぎます。

体にやさしい。そして、安⼼の防蟻保証 最⻑30年保証

シックハウス症候群の一因とされる揮発性有機化合物(VOC)に該当する成分は使用しておりません。〈塗布防虫防蟻処理(木部処理)〉
最⻑30年の防蟻保証で安心して、お住まい頂けます。

詳しくはこちら

耐久04:超⾼耐候外壁材

色あせに強い高耐候外壁材

従来の塗料をさらに進化させた超高耐候塗料を採用。
10年から15年ごとに必要であった再塗装工事の期間を
大幅に延ばすことが可能となり、
ランニングコストを格段に抑えることができます。

詳しくはこちら
ゼロキューホームHPへ戻る
0120-16-3737
お問い合せ・資料請求