ゼロキューホーム 未来の豊かな暮らしの為に、ベストマッチな住まいを提供します。

長期優良住宅

トップページ > コンセプト > 長期優良住宅

国が推進している「長期優良住宅」とは

世代を超えて、大切に住み継がれる住まい

日本の住宅は、近年まで「つくっては壊す」という新築嗜好の消費型住宅が主流となっていました。
「いい家をつくって、しっかりメンテナンスをして、長く大切に使う」社会をめざし、 2009年6月に「長期優良住宅普及促進法」施行されました。

『長期優良住宅とは』「長期にわたって良好な状態で循環利用できる質の高い住宅のこと」です。
具体的には、耐震性などの基準を満たす新築住宅を「長期優良住宅」として認定し、その後も居住者が維持管理しながら住み継ぐことで、質の高い住宅を増やすのが狙いです。

背景には日本の住宅寿命の短さがあるといえます。国土交通省によると、日本の住宅は平均で築後約30年で取り壊され、英国の約77年、米国の約55年などと比べて短くなっているため、 「長期優良住宅」を促進することで、住宅寿命を延ばし、住宅費の負担を減すとともに、建物の資産価値を維持し、中古市場の活性化を図ることが目的とされています。

国としても、長期優良住宅の普及促進のため、税金の優遇などを実施するほか、さまざまな特典・メリットを政策的にもうけています。

長期優良住宅の詳細につきましてはこちらをご確認ください 国土交通省HP:長期優良住宅法関連情報

「省令準耐火構造」住宅

「省令準耐火構造住宅」の特長

1)隣家などから火をもらわない。(外部からの延焼防止)

隣家からのもらい火による火災に備えて、屋根や外壁、軒裏を防火性の高い構造とします。省令準耐火構造体では、屋根を市街地での火災を想定した火の粉による建築物の火災を防止できるよう不燃材料で葺くこと等としています。 また、外壁および軒裏は、建築基準法の防火構造(例:外壁に防火サイディング壁を使用するなど)としています。

2)火災が発生しても一定時間部屋から火を出さない。(各室防火)

火災を最小限に食い止めるためには、発生源とその他の部分とを完全に区切る「防火区画化」が重要となります。 省令準耐火構造では、各室を区画とする構造とするため、火が他室に燃え広がりにくくなっています。 加えて、室内の内側(壁・天井)には火に強いせっこうボードを使用します。火が柱などの構造材に燃え移るまでには、相当時間がかかることにより、避難や初期消火が可能となります。

3)万が一、部屋から火が出ても延焼を遅らせる(他室への延焼遅延)

内部で火災が起こった際、壁の内側や天井裏を伝わって火が燃え広がってしまいます。 火が住宅全体に広がりにくくするため、火災の通り道となる壁や天井内部の要所(壁の内部の取合部)に木材や断熱材のファイヤーストップ材を設けます。 このように省令準耐火構造の住宅では、「各室防火」・「他室への延焼遅延」により、内部火災に強い住宅となっています。

「省令準耐火構造」住宅なら、火災保険は大幅割引になります!
ページの上部へ